行って来ました(^-^)
スポンサーサイト
2013.04.24 / Top↑


とても気持ち良かったです(^-^)

でも、ちっとも良いショットが撮れませんでした( ̄ー ̄)
2013.04.14 / Top↑





カフェして来ました。

始めは隣の席の人にシッポを振ったり、ちっとも落ち着きがなかったけれど、だんだんと眠くなり…

そのうち寝ちゃいました(*≧∀≦*)
2013.04.13 / Top↑


アイパック中。

始めは嫌がっていた目薬や、アイパックも大人しくやらせてくれる様になりました(^-^)
2013.04.04 / Top↑
突然ですが、実は、アンジュの左目は全く見えていません。
去年の6月の検査でわかりました。
網膜剥離だそうです。
どこかにぶつけたとかではなく、徐々に光を失っていった様です。
遺伝性らしいです。

何故気づいたかというと、なんとなく光が当たると瞳の色が右目と違って見えました。
いつもの動物病院で去年の1月に検査した所、その時は、視力もあり問題なしの結果がでました。
行動にも全く問題なくいましが、また念のため6月に診察してもらうと、眼圧が異常な結果でした。
と同時に、視力も失われているという診断がでました。

眼科専門の動物病院を紹介していただき、さらに細かい検査をした結果、上の事がわかりました。
レントゲンで見ると、左目は真っ白で右目と全然違います。

現在は、定期的検査と
①点眼一日7回(眼圧が上がらないためと、潤い)
②温パックで瞼を温める(マイボーム腺内の脂を溶かし脂の分泌を促す)
③眼の開閉運動(マイボーム腺を刺激し脂の分泌を促す)
を毎日しています。

その時は、ショックでショックでかなり落ち込みましたが、今は受け入れています

今回、ブログにアップしようと思ったきっかけは、30日の検査結果がおもわしくなかったからです。
眼圧上昇と眼球が少し大きくなっていました。

今後見られる症状は、実際写真で見ましたが、更に眼球が大きくなり痛みも伴ってくるそうです。
その治療として
①強膜内シリコン球挿入術
②眼球摘出術
かあるそうです。

①は、眼の最も外側の膜を残して内容物を取り出し、代わりにシリコンボールを挿入する手術です。
眼の色は変わるかもしれませんが、眼の動きもあり、術後の問題がほとんどないそうで、生活の質が向上するとのことだそうです。

手術は、日帰りか一泊になるそうです。
アンジュのことを考えると、手術は可哀想ですが、今後痛みのことなど総合的に考えると、①の手術に踏み切ろうかとあれこれ考えています。
もしも手術をする場合、1~2か月先になると思います。

アンジュ自身は元気でいつもと変わりなく、おもちゃを追いかけて普段通りの生活をしています。


2013.04.04 / Top↑