上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
暖かくなったり、寒くなったりですね。
昨日のお絵描き教室でも
「今日は寒いわよね~?」「着る物迷うわね~」「暖かいと思って薄着で出かけたら寒くて(><)」
と、こうゆう話題で盛り上がりました。(^^ゞ

ワンコ。ワンコ。と続いたので、今回は・・・・。
勝手に命名したエリザベスちゃん。
どうなることやらです。(o ̄∇ ̄o)
赤い月も出てたりして。(=^m^=)

スポンサーサイト
2006.03.31 / Top↑
ラヴィが天使になった次の日、お花を飾ろうとお花屋さんへ行きました。
可憐なスイトピーが目を引いて、ラヴィみたい~(;.;)なんて思いながら買ってきました。

それから、お花が終わりそうになると、お花屋さんに足が向いて、いつも生花を飾っています。

スイトピーの柔らかな感じと優しい感じに心が和み、淡い色のスイトピーが置いてあると、ついつい買ってしまいます。

そういえば花言葉は何だろうって見てみたら
「優しい思い出」「門出」だそうです。
ラヴィにピッタリじゃない~。(><)
前から好きなお花だったけど、益々好きになってしまいました。(*^_^*)

こちらの青いお花と組み合わせて、今日も買ってきました。
このお花、デイジーだと思っていたのですが、念のため、アップ前にチェックしたら、違うみたい・・・
このお花、何ていうのでしょう。。。(o ̄∇ ̄o)

2006.03.28 / Top↑
お絵描き教室の作品展を見に行ってきました。
みなさん、素晴らしい~~。
私は、こちらに出展できる資格がまだないのでごじゃる。(^^ゞ

このトールペイント。
素敵な上にすごく大きくてビックリ~。(☆☆)
blog5.jpg
遠目の写真でごめんなさい。(^.^)

こうゆうオリジナル作品に囲まれてのお部屋も良いな♪なんて思ってしまったし。(*^。^*)
でも、いざ始めても・・
ココに至るまでに、狭い我が家では、置ききれなくなってしまいそう。(^_^;)すぐに現実に戻る。

画材屋さんに寄って、みなさんに頂いた絵を飾ろうかと、インテリアイーゼル買ってみました。
いろいろサイズがあったので、とりあえず一つ買って。
このサイズは、誰の絵が合うかな~。
momoji先生かな。ririしゃんラヴィかな。チェリママしゃんラヴィかなとチェック中。(*^_^*)
blog6.jpg

2006.03.27 / Top↑
先日焼き始めた土器が完成しました。(=^m^=)
これこれ。


毛を生やして、二重のお目目にして。(o^^o)


出来上がり~。
子犬の柴ちゃんが、陽射しを背に受けて2人で遊んでるところです。
下にいる子は、前脚が交差しています。(^^ゞ微妙な格好をしても嫌がらずに仲良しの2人。
描いている内に愛着が沸いて、勝手に命名しちゃいました。
コロコロちゃんとチロちゃん。(^〇^)


ワンコと過ごしてない方が、描いてる所を覗いて言いました。
「犬って、この頃が一番可愛いのよね~。後はどんどん可愛くなくなっていくのよね。」
「いいえ。ずっ~とずっ~と可愛いですよ。永遠に。」
心の中で呟いてしまったし。(*vv)

2006.03.26 / Top↑
両親が遊びに来てくれたので、一緒にラヴィのお参りをして。(o^^o)

お昼は、イタリアンにしました。
ランチコース。
前菜の後は、パスタとピザが選べたので、それぞれ頼んでみました。
blog2.jpg
おぉ~、ボリュームだし~~。(^〇^)

今日のデザートって何だろう?って待っていたら、四人分違うのが来ました。
blog3.jpg

誰がどれ食べる?と品定め中。( ̄― ̄☆キラーン

お皿も、みんな違う絵が描いてあって楽しい~。
blog4.jpg
私は、抹茶ムースにしました。(*^^)v

桜は、まだつぼみでした。
来週辺りが見頃になるかな。o(^o^)o


2006.03.25 / Top↑
やっとHPの引越しが終わりました。(><)
閉めようかなと何度も思いもしたけど、思い出がたくさんありすぎて、閉められませんでした。
ラヴィのものは、何でもとっておきたいの。(;.;)
最後に遊んだオモチャもまだ洗濯できずにいます。
ラヴィのぬくもりが消えそうで、洗えません~~~。(T_T)

久しぶりに元気な頃の写真も見ちゃったら、可愛い~~~~。
やっぱりラヴィ、可愛いすぎだし~~~~。(;O;)
なんて、また涙出ちゃったよん。
まっ、見なくても、未だに毎日出てますけど。(^^ゞ一人になるとダメなんだよね。

続くかどうかわからないけど、ブログなんつーものをやってみようかと作ってみました。(^^;Aフキフキ
お友達のテンプレと被ってないかしらと、久しぶりにちょこっと徘徊してみました。

みんな楽しそう~~~~~。
何で????そんなに明るいの?まるで別世界。

いや、ラヴィが元気だった頃は、私も、こうだった・・・・と思う。
私が暗い所に今いるんだ。と気がついたし。
明るい所へ行きたい様な・・・・
でも、まだ陽射しが眩しすぎて行けない。

それじゃ、柔らかいと感じた時、こそっと出てみようかな。
そして、また日陰に戻って。
また出たくなったら出て。
そうしてる内に、ふと気がついたら、日向にいるかも・・・

いつも私の側にいてくれるラヴィ天使と、いつか自然とのんびりひなたぼっこできてたら良いな。(*^_^*)

2006.03.24 / Top↑
先日のブンママさんのブログを読んで思いました。
ホントにいろいろあったな~と。

そうだよね。10月にブンママが我が家まで来てくれた時。
朝ごはん食べられなくて。
せっかく持ってきてくれたお昼ご飯も、食べたくても入らない。
やっと食べても半分いったかいかないかだったよね。(o_ _)o

点滴してるラヴィに会いに、病院まで、自転車二人乗りして(大きな声では言えないけれど)行ってくれました。
こいだのは、ブンママ。
頼もしかったですし~~~(><)

昨日のフライ↓、結構あったけど、全部食べちゃった。
こんなに脂っこいもの、少し前だったら見るだけでも胸焼けしそうだったし。(^^ゞ
ブンママさんのブログ読んで、少し私も変わったんだな~。
なんて思いました。(*^_^*)

WBC韓国戦、勝ちましたね~。0(>▽<)0

2006.03.19 / Top↑
20060318135029
明日の韓国戦に勝つ様にカツにしてみたわ。ボリュームだし~v(^o^)
これからラウ゛ィのお参りです(^-^)
2006.03.18 / Top↑
20060316175058
ランチ~(^-^)またまたパワーを頂き。0(>▽<)0
私はその後、お絵描きです。
2006.03.16 / Top↑
20060314170623
できるかな〓
2006.03.14 / Top↑
ブンママ先生に教えてもらって、私もブログっちゃいました。0(>▽<)0

いつものことながら、電話で。(^〇^)
しかし、話題が飛ぶ飛ぶ。
どちらがたくさん話しているかは、ご想像におまかせ。(*vv)
「じゃ、またね~。それでさ~」を何回言ったかしら。(=^m^=)

えぇっと、電話を切ったら通話時間102分と出ました。(o ̄∇ ̄o)
2006.03.08 / Top↑
12月23日。
朝起きると歩くのがやっとでした。
トイレへ行くのにも、倒れながら。

それが突然歩き出し、寒いから閉めていた廊下の扉を「開けて」と要求。
北側の部屋へ行って、いろいろな物の匂いを嗅ぎながら部屋をゆっくり歩いていました。

もう一つの北側の部屋にも行って、ゆっくりいろいろな物の匂いを嗅いでいました。
「寒いからリビングへ行こうよ」そう言う私の顔をジーッと見上げていました。
そこは、いつも夏になるとヘソ点で寝ていた場所。

それからどこに行くのかと思ったら、玄関の大理石にお座りしていました。

ラヴィパパがお風呂掃除を始めると、今度は、洗面所からジーッとお風呂場を覗いていました。
シャワーがかかるので扉を閉めたかったけれど、あまりにジーッと眺めていたので、閉めるに閉められなかったとラヴィパパも言っていました。

タライのお風呂に入ったこと。散歩から帰って脚を洗ったこと。
思い出していたのかな。

寒いのでここの所北側の部屋へは行くことがなかったのに、急にどうしたのだろうとその時は思いました。

その晩。
もう12時を回っていたので12月24日。
カサカサ音がするので見ると、ラヴィがよろけながら私の布団の方へ歩いてきました。
支えてあげると、私の枕元に倒れ込んできました。

元気な頃も今までも、布団の上で寝ることはあっても並んで寝ることはなかったのに。
一緒の枕で寝ました。
「いつまでもずっとラヴィと過ごせますように」と祈りながら。
一緒に朝まで寝ました。

この日の朝は、薬を飲むのもやっとでした。

午後になって頼んでおいた処方食が届きました。
食べやすいようにペースト状になったもので、メインはターキー。
お皿に乗せて、見せると一気に食べました。
お皿もペロペロ舐めて。
久しぶりに見た姿。0(>▽<)0
こんなことなら早く頼めば良かった。
でも、この日食べられたのはこの時だけ。
何度も見せて、舐めさせてあげても全く食べられませんでした。

夜10時頃。水を飲む力もなくなっていました。
やっとの思いで飲んだ水。
なのに30分位したら吐いていました。
体調を崩してから始めて吐きました。
でもターキーは出なかった。良かったね。
お腹いっぱいでお空に行けたんだよね。

その夜中。12月25日。
ヨロヨロよろけながら、ラヴィが我が家に来た時一緒に来たハウスの方へ歩いていきました。
子犬の頃過ごした場所。そして留守番はいつもココで。
支えながらラヴィのしたいようにしてあげると、ハウスの中をゆっくり回っていました。
それからトイレの中を1週して。トイレがしたいのかと思ったら、そうではなく。それから和室を回って。
もう体はフラフラ。支えていてもよろけてしまう。でも自分の脚で歩きたい、そうゆう感じでした。

その脚で今度はラヴィパパの布団の上へ登りました。
私にお尻を向けて、シッポをプリプリッて振ってくれました。
シッポを振る元気はあるんだなと少し安心し、私は自分の布団へ戻りました。
これがラヴィが見せてくれた最後のシッポフリフリ。

明け方4時半、ラヴィの荒い息遣いで目が覚めました。
ラヴィパパの布団の上へ登った後は、ラヴィパパの枕元に来て、枕にアゴを乗せてきたそうです。
一緒に寝たそうです。
ラヴィパパもこの事が忘れられないと言います。

イブは私と。クリスマスはパパと。
ちゃんとラヴィなりのお別れをしてくれたのですね。
そして、いろいろ回っていたのは、住み慣れた我が家へのお別れをしていたのかも。

息が荒く発作が起こりそうな予感。
ラヴィを真中にして川の字でいました。
私は片方の手を握りしめ。
いつもなら前脚を握ると嫌がるけれど全く嫌がりませんでした。
声をかけても意識がある様な、ない様な。

発作が起きませんように。
もう苦しいことがラヴィに起こりませんように。

荒い息からお腹を触っていないとわからない程の静かな息へ変わっていきました。

病院の先生と連絡を取りました。
ほとんど毎日の様に話していましたが、病院へ連れて行くべきか話しました。
一番怖いのは移動中に何かが起こってしまったら。
病院で何かが起きてしまったら絶対後悔する。

「ラヴィ、良いよね。よく頑張ったものね。ラヴィ」
話しかけると、あんなに静かだった呼吸が「ふぅ~~~っ」と大きく息を吐き、まるで頷いた様でした。
ラヴィパパも「頷いた」と2人で顔を見合わせてしまいました。

意識があるの?
声をかけたけど、また静かな息に戻ってしまいました。
たった一度だけしたあの大きな息。
返事だったと思って良いよね。

このまま家にいよう。
私達は決めました。

そして静かに静かに
眠りながら・・・・・

ラヴィ。偉かったよ。
私は思います。
ラヴィは病気に負けなかったと。
最後まで一生懸命生き抜いたと。

2006.03.02 / Top↑
10月に大きな発作が起き、奇跡を起してくれてからの約二ヶ月間のことを少し書いてみました。
その時は大変だったけど、この日々があって本当に良かった。
ラヴィがくれた宝物の毎日。

この2ケ月間は、まるで子犬の頃の様に私の後を着いて回り。
本当によくシッポを振りました。
ベランダから戻った時でさえも喜んでシッポをフリフリ。
子犬の頃はあったけど、大人になってからはなかったのに。

嬉しいという感情表現をとてもよくしました。
オモチャでもよく遊んだ。
天使になる2日前まで、気分が良い時は、オモチャで遊んでいました。

その一方で、ご飯が食べたいのに食べられない。
何なら食べられるのか。
そして肝臓に負担にならないもの。
それを探すのが大変でした。

フードボールから食べられないから、手であげて。
液体のものはスプーンで食べさせてあげて。
ジーッと私の顔を見ながら食べていたラヴィ。
何を考えていたんだろう。

12月11日頃から。
元気になって欲しいという願いとは反対に、現実は、だんだん体力がなくなっていく。
願いと現実のギャップを埋めるのが一番辛かった。

でも、落ち込んでる暇はなかった。
一日に食べられる時がわずかなので、その食べられる時を見逃さずに食べられるものをあげる。
毎日というか、一瞬一瞬が勝負だった。

とにかくこれ以上ラヴィに辛いことが起きませんように。
痛いことがおこりませんように。願う日々。

そんな中、ラヴィからはいつも生きる力。
前向きに生きる強い精神力を感じました。

つづく。


2006.03.01 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。